プロゴルフ情報館

PING G410 ドライバー 発売日

PINGのG410ドライバーが発売開始となります。発売日は、3月21日です。
3月21日に発売されるのは、「G410 PLUS ドライバー」と「G410 SFT ドライバー」の2モデル。前のモデルまでラインナップされていたLSTやMAXは今のところ出てこないようです。近いうちに登場するかもしれませんが、今のところアナウンスされていません。

今回発売されるG410 PLUS ドライバーは、非常に戦闘力が高いモデルとなっています。すでにアメリカPGAツアーでは、3月頭のドライビングディスタンスのTOP3が、このドライバーを使っています。一位はバッバワトソン、2位はキャメロンチャンプ、3位はルイ・ウーストハウゼンです。また、日本では、女子ツアー開幕戦のダイキンオーキッドで比嘉真美子選手がこのドライバーを使って優勝しています。またドライバーだけでなくフェアウェイウッド、ハイブリッドもG410でした。

すでに2019年最高のドライバーとの呼び声が高いG410ですが、飛ぶドライバーランキングでも上位に挙げられることが多いようです。上位に挙げられる理由としては、一発の飛びが素晴らしいことはもちろんですが、とにかく曲がらない。曲がらないからコースで安心して振ることが出来ます。そうすると一発の飛びも更に飛ぶようになりますし、平均飛距離は圧倒的なものとなるわけです。

重心距離が長いしつかまりが心配だという方には、G410 SFT ドライバーをお勧めします。SFTは、つかまりを良くしている設計。テーラーメイドのMグローレやゼクシオほどにはつかまりませんが、それと比較対象になるくらいにつかまりの良いドライバーとなっています。

また、今回からスリーブが変更になっていますので、これまでのPINGのドライバーとの互換性はないそうなのでご注意ください。8種類の組み合わせが可能ということで、スリーブのさし方によっても、様々な顔を見せてくれるドライバーで、そこのところも楽しむことが出来ます。