プロゴルフ情報館

タイトリストTS2 シャフトはスピーダーかクロカゲどっちがいい?

タイトリストが本気で飛距離を求めてきたということで話題になっているTSシリーズ。

実は、私917D2を持っていたのですが、はっきり言って飛びませんでした。グローレF2も持っていますが、20ヤードから30ヤードほどグローレF2の方が飛びました。

今回のTS2ドライバーには、純正シャフトとしてスピーダーとクロカゲとツアーADが用意されています。
広い練習場で試打をすることが出来たので、少し報告させていただきたいと思います。残念ながらツアーADは打てなかったので、スピーダーとクロカゲのインプレッションのみになります。
まず打ったのはスピーダー519エボリューション。フレックスはS。長さは45.5インチになります。
第一印象として、つかまりがいいです。ヘッド自体もつかまらないヘッドではないようですが、スピーダエボリューションは、走りが良くてヘッドスピードが出やすいように感じましたし、つかまってくれます。ボール初速も出てくれていました。

逆に次に打ったクロカゲはつかまりません。同じく45.5インチの50g台のシャフトになるのですが、球質が全く変わります。叩いても左に行かないので、左に行かせたくないという方は絶対にクロカゲが良いかなと思います。

純正シャフトでここまで違いが出たことは面白いですが、これはヘッドが素直なものだからなのかもしれません。

ヘッドスピードは、42m/s辺りの方から十分に使えるでしょう。またヘッドスピードが46m/sを超えてくる方でも純正シャフトでも対応できそうな感じです。スピン量がそれほど増えすぎません。